生の感情丸出しで品性を求めるなど絶望的なブログです

いつか忘れたけどまた秋葉原に行ってきたぞェ!ww 


名前を口に出すことができない とあるブツを受け取りに秋葉原へ行った。3月の終わりぐらい。

ソフマップにめちゃくちゃネプテューヌの予約POP貼ってあって凄かった。
階段とかマリオ64のクッパステージ行く途中かよってレベルで貼りまくってあった。
別に新作でもなんでもないリメイクのリマスターなのになかなか力入ってるわね。










駅から地上へ出て少し歩いた先の例の場所でまたなんかやってた。
今度はクールポコがいた。 なんだここ、毎回芸人呼んでるのか。

クールポコと言えば、昔ある人とスカイプで通話しながらゲームやってたらなんか、
相手の人が誤入力か知らんけどいつの間にかカメラがONになって映像写り始めてて、
その人が何故か上半身裸だったというのもあって、凄いクールポコのはちまき巻いてる方の人に似てたのだ。

まさか自分とゲームしながら和気あいあいと話してた相手がパンツ一丁姿だなんて、誰が予想できただろうか。
恐るべき事実に直面し、オレの人生に強烈なショック、トラウマを与えた。

結局、「カメラついてますよ」と言い出すことができず、気付かぬフリを装い続けた。
あそこでオレが指摘したら彼本人もショック&トラウマになってしまうだろうから。
哀しみを背負うのはオレ一人でいい。

そんな感じで、あれ以来クールポコ見る度にその時のことがフラッシュバックするようになった。






有野課長が面白いって言ってたやつだ。


最近秋葉原に夜行くことが結構あるんだけど、最初は
「夜の秋葉って行ったことないしどんな感じなんだろ~」ってワクワクしてたら、
まさかのどこも店畳んで何も面白くないという。
20時には殆どのお店が終わってる。

イオンとか夜11時までやってるからなんか錯覚してた。



で。

この日は時間も遅く、既に殆どの店が閉まってたので
名前を口にすることができない例のブツを受け取とっただけで、そのあと真っ直ぐお家へ帰った。


その名前を口にすることができないブツとは・・・・・・。












































なんっっってことだ・・・・・・・・・。



これ予約した時はソフマップ1階の謎のスペースだったんだけど、
受け取りはソフマップの5階ぐらいにある成人向けフロアでしかできなかったから、
初めてソフマップの成人向けフロアに足を踏み入れたけど・・・・・・・・・・・・・・・。
もう、なんか、天国とも地獄とも言える場所だった。

店員さんがずっと上の空で、中に浮かんだ虚を見つめてて怖かった。

だが、なにか近しいもの…他人とは思えないなにかを感じつつあった…。

………そう、あれはまさしく…セブン時代の………オレだ………。

第三者視点になって初めて当時の自分の接客レヴェルが酷いものか知った。

まぁ、ああいう所で笑顔全開の神接客されてもそれはそれでって感じだけど。

フロアに響いてたなんらかのエロゲソングであろう、にゃはにゃはした曲が
場のシュールさを加速させててとても奇妙な空間だった。

ありゃ外人の旅行スポットになりますわ。






なんだこりゃ。






予約した時にもらった色紙。  なんか最近よく色紙もらう。 


買ってからもう3週間ぐらい経つけど相変わらずのあれにより、絶賛放置中。

まぁこれやってバブみ、母性というものを勉強してベールママイラストに貢献できるよう頑張ります。









関連記事
コメントの投稿












アドブロコロシアム