生の感情丸出しで品性を求めるなど絶望的なブログです

シェンロンガンダム大勝利!正義の未来へレディ・ゴーッ!! 

こんなつあ、フルブ引退歴0.1日のシモソタノレれす。

えー、今回もまたまたまたバトオペ記事です。

バトオペ毎日やってるせいで一日毎に書きたいこと増えていくから、
たぶんどっかで一日3回とかバトオペ記事更新しないと、
このまま永遠にバトオペ記事しか更新されないバトオペコロシアムになってしまうでしょう。


なんだこの多額債務者の返済してはいるけど利息分しか払えてないみたいな状況。










結局キャンペーン終わる前にサンドロックとアルトロンをゲットできて
ようやく一息つけるかと思われたのだが。







なんと五飛フェアが終るやいなや、今度はランクマッチというものが始まった。

どうやらバトオペのランクマッチはこれまた期間限定、一定間隔で行われるものらしく、
その期間中のランクマッチで得たランクポイントの多さによって、
終了時に貰える報酬が豪華になっていくというものらしい。










ランクはブロンズ5,4,3,2,1→シルバー5,4,3,2,1→ゴールド5,4,3,2,1→プラチナ5,4,3,2,1といった具合で
ブロンズからどんどんプラチナに向けて上がっていく感じ。









ランクマッチは終了時の報酬以外にも、
ランクマッチ中一定のポイントが貯まる毎に報酬が貰えるらしい。
っていうか、寧ろこっちがメインか。
どれだけポイントを溜めれて報酬をゲットしていけるか。

今回のランクマッチ限定入手モビルスーツはダブルオー。

ライザーじゃない素ダブルオー。

もうゲットしてる人もいて対峙したけど、フルブの感覚で
「素ダブルオーなら怖くね―ぜホホホーウ」とかやってたら普通にぶっ殺されて焦った。














累計ランクポイントが一定値を超えると、昇格イベントが始まる。

始まるつっても、特別なことは何もないけど。

昇格イベントが始まって以降の3戦中、1戦でもできれば昇格できるというもの。

随分と緩め、優しい。

つっても、このゲーム野良集団戦故にどう足掻いても負ける時は負けるから運と言えば運だけど。

バトオペは力こそ正義ゲームなので、味方がザク、ジム、ドムとかの量産機で溢れてた場合、
相手チームがバンシィ、デスティニー、ユニコーンとか高コストまみれだったら終わり、歯医者決定。

まぁその為の処置かしらんけど、チーム内順位スコアってのがあるから、
負けてもチーム内で一位になってればある程度ポイント貰える。


そう、このゲームにおけるランクマッチはフルブとかのとは全然違うんだよね。

フルブのランクマッチは同階級同士でマッチング、
腕の近い者同士が戦い合って上を目指して行くものだけど、
バトオペのランクマッチはそういうのではない、たぶん。

高ランク報酬目指してただひたすら戦って己のポイントをどれだけ溜めれるかというもの。

だから、バトオペ始めたばかりの人VS累計2万戦突破のバトオペ廃人が敵同士になって
悲劇的なまでの一方的な戦い、いや、ただの狩りが勃発することなど日常茶飯事。








9200VS0

まさに狩り。

フルブで言うと自チームBR一発しか喰らわずに相手チーム0コストにした感じ。

















わーい初昇格。












大分シェンロン使い慣れてきて良い感じのスコア叩き出せるようになった。

↑の6k0dとかメチャクチャ爽☆快。

シェンロン普通に強い。

格闘機だから格闘バンバン当ててかないといけないのかと思われたけど、
意外にも射撃が優秀で、格闘寄り射撃機だと認識した。

アルトロンパンチが単発370とかいう意味不明馬鹿火力だからバカスカ落とせて面白いわ。

他にも火炎放射があるんだけどそれが、
フルブのパフェガンの水鉄砲の射程を3倍ぐらい長くした感じの薙ぎ払いもできるゲロビで、
それ当ててよろけた所にアルトロンパンチぶちかませば一瞬で500近く持ってける。

相手がザクとかの低耐久機だと体力マックスからそれで落とせるからやはりヤバい。








ENDLESS STRIKE。

6機連続で撃破した者にもたらされるボーナススコア。

素晴らしい破壊力だ。







こうしてオレとナタクは戦って、戦って、戦って、戦って

























シルバー1まで上り詰めた。




結果。



























なんかいっぱいゲットした。


なんだアポジモーターって。
初めて聞いたな、なんの機体の部品だろ。

サイコ・フレームもゲットしたけど絶対オレと無縁のものだろ。

刹那のコスプレセットは・・・・まぁなんとも言えん。



しかし、シルバー1に辿り着くまでにダブルオーの設計図が合計で10個集まったので。








ダブルオー作れるようになったぜーーーーーーーー。


まぁ今はシェンロンあるし、ダブルオーそこまで好きでもないから(機体が)・・・・・うむ。




今、オレが真に欲しているものは他の何物でもない、唯一1つ、シナンジュだ。

シナンジュ復刻キャンペーンが再び来た時こそ、オレの真の戦いが始まる。

それまではシナンジュを万全の態勢で受け入れる為の前菜バトルに過ぎないのさ。

















関連記事
コメントの投稿