生の感情丸出しで品性を求めるなど絶望的なブログです

聖武グレゴリアファイターズ 

GVS普通にめっちゃ面白い。 期待していた以上の楽しさだ。 発売前は
「エクバ、フルブってもう5年ぐらいやってるし、やること自体はそんな変わらないんだから
もうマンネリでそんなハマらないかもなぁ」とか思ってたけどチョーオモロ。

アシストとかキャンセルルートいろいろ消されて正直不満だったけど、
それ以上にブーストダイブが爽快でそんな不満消し去ってくれる。(一部の機体を除く)

昨日なんとなくフルブやったけど、もうクセでブーストダイブしようとして「あ、」ってなったもん。





PS4買えないThe子供




グラフィック厨じゃないオレでもGVSの綺麗さには感服した。
初めてエクバの綺麗さに感動した時と同じぐらいの感動を味わってる。
PS1、PS2とかのグラフィックも味があっていいけど、やっぱ綺麗だと綺麗で素晴らしいね。
リアルさを増したモビルスーツが凄くカッコよくて良いし、なによりそれを自由に動かせる楽しさよ。
バーニアの色とかも思わず見とれてしまう程の鮮やかさ。

だからさっさとシナンジュのビームライフルとサーベルの色直せ。


それだけにフルブ、マキブから大幅に機体が減ってしまったのだけが悔やまれる。
これちゃんと機体数もっとあったら普通に神ゲーレベルあったと思うんだけど。
90機つっても、低コスト量産機の割合が多すぎて実質そこまで多く感じないんだよな・・・。

え・・・? これ誰が使うの・・・? って奴があまりにも多すぎる。

確かに今まで量産機とかそんないなかったから、所望の声も多く上がってたと思うけど、
それはあくまでも現状からの追加であって、既存機体減らして量産機で補われても・・・・ねぇ。

さすがバンナム、オレ達の予想の常に斜め上を行ってくれる、としか言いようがない。


オレがこんなGVS楽しめてるのはやっぱシナンジュがいたからだろうな。
たぶん人によっては持ち機体、お気に入り機体全部運悪くGVSには参戦していないって人も中にはいると思う。
そういう人はもう完全ご愁傷様。
もしGVSにシナンジュいなかったら愛と怒りと哀しみに飲まれながらフルブやってたと思うわオレ。


トライアル版やってた頃から思ってたのは、今回着地硬直が長いってこと。
「え?これ盾できただろ・・・できてない・・・できない・・・」って何度思ったことか。
赤着地~オバヒの着地硬直増加ストレスに慣れるのには時間かかるかも。
でもまぁそれは相手も同じだしな。 青着地はそこまで変わってないし。

なんか今回ゲームスピード早くねって思ったのはもしかしてそれのせいかね。
着地硬直増えたからその分被弾率も増えて~的な。

うん、なんか今回対戦中やけに忙しいっていうか、早く感じるんだよな。

あぁ、そっか。
今回ブレイズギアの覚醒攻撃力補正がみんな異常上昇するってのもあるか。


今ん所、不満な点は機体数とシナンジュのサーベル、ビームの色だけ。


そんな感じで今回はGVSのシステム周り的な感想的ななんかのやつでした。






関連記事
コメントの投稿