生の感情丸出しで品性を求めるなど絶望的なブログです

ジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・アホ・ウンコ・ボケカス・シャドバ・リリィ 



大将だぜ

ふっふふ、まさか2016年内にまた俺の記事が見れるとは思ってもみなかったでしょう



残念、この大将、スロースターターに定評があるのだ

ここからが本番

気分はもう毎日更新していくぜって感じ














これ

つい昨日から放映され始めた仮面ライダーの新映画



まさかの今作の映画の敵がパックマンというね




2016-12-12_1.jpg


なんでパックマン敵なんだろ

結構ガチで人々襲ってるっぽいし

今まで俺達が見てきた正義のパックマンは幻だったのか・・・・?!







と思ったものの、別にパックマンって正義の為に戦ってはなくねってことに気付いた


あいつ変なウイルスみたいな奴から身を守ってただけじゃん




いつから正義ヒーローだと錯覚していた・・・?










しかし俺はこれはミスリードであると予想する







このシーンを見てくれ










2016-12-12_4.jpg

みんな左端のねーちゃんのフトモモにしか目が行ってなくて誰も気が付かなかったと思うが
待ってほしい


右から2番目・・・・・・・・なんかいる・・・・・・・・・・・・・!







彼の名はドクターパックマン



2016-12-12_3.jpg

奴がパックマン達を暴走させている親玉であることは間違いないだろう




と、ここまで見てそう思うのが一般人だ



違うんだな


俺達プロは違う



俺は全て見抜いた



まず、今作の映画のタイトルに注目シて欲しい



今作の映画のタイトルは
「仮面ライダー 平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」

なのだ


お気づきだろうか


注目して欲しいのはここ部分

「ドクターパックマン対ゴーストWithレジェンドライダー」




そう・・・・・


普通、◯◯VS◯◯といった表記のされ方というのは、
手前(左側)に書かれている方が大抵は主役やメイン、正義の味方サイドというものなのだ









132235802918013210289.jpg






CfSmkzpVIAEUAtC.jpg
















納得して頂けたでしょう





つまり俺の読みはこうだ




人間達を襲い、人々を恐怖へと陥れているあの物体を

ライダー達はパックマンウイルスと呼んではいるが、実際は違っていて、

パックマンが攻撃していたのは全て人間に化けていた薄汚いオルフェノクだったのだ




思い出して欲しい






2016-12-12_5.jpg

そう、世界の大半はオルフェノクに支配されいることを





そこで今回立ち上がったのがドクターパックマンだったのだ


ドクターパックマンはオルフェノクだけを抹殺するパックマンウイルスを開発し、街中へとばら撒いたのだ



それにも関わらず、なにも知らないライダー達はパックマンウイルスを破壊し、
正義の為に立ち上がったあの4人の白衣レジスタンスを悪だと称し、討とうとする。



ドクターパックマンを倒し、真相を知ったライダー達は自ら犯してしまった過ちにむせび泣く。

ドクターパックマンの意志を継ぎ、オルフェノクとの戦いを決意するも、
強大なる力を持つオルフェノクの前に虚しくも敗れ散る。


世界は再び恐怖に晒される。











2016-12-12_7.jpg












2016-12-12_8.jpg




2016-12-12_9.jpg






2016-12-12_10.jpg








2016-12-12_11.jpg
























関連記事
コメントの投稿