生の感情丸出しで品性を求めるなど絶望的なブログです

Victory Illusion Tactical Advance 

最近、VITAが熱い。

勿論プレイステーションVITAのことだ。


PS1、PS2、PS3、PS4、PSP-1000、PSP-2000、PSP-3000と、
ほぼ全てのプレイステーションハードを制覇してきたオレだが、
VITAに関しては全く興味、関心、購入意欲が湧かなかった。


何故だろうか。

















分からん。











んで、なにがどう熱いかというと。







主にリモートプレイが熱い。


リモートプレイと言うと、PS3やPS4の画面をVITAに映してVITAで出来るというあれだ。



まぁ時が遡るが、これは5月始めぐらいのこと。

某氏により苦悩の日々を送っていたオレは、フルブをすることによってその苦悩を中和し、
なんとか精神を保っていたわけだが、そこ頃辺りから真面目にフルブにも嫌気がさしてきた。

そこで、何か他のゲームでもやってみるか、と思い、ゲーム棚をジーッと見つめていると。






・・・・・・・・・・!


これだ・・・・・・・・・・・・!!





「超次元ゲイムネプテューヌV2」


そう、一年前、何故か買ってしまった謎のゲームソフト。


しかし、このゲームが俗に言うRPG?でギャルゲーみたいなシナリオ?
お話メインのゲームだということは、もっと昔に何故か買ってしまった
「神次元ゲイムネプテューヌV」をほんの少しやっているので知っている。

オレはポケモンやドラクエみたいなタイプのゲームはあまり好きじゃなかった。

そう、サルゲッチュやクラッシュバンディクー、フルブみたいな、
ダイレクトアクションゲームが大好きなのだ。

ので、イスに座ってドッシリ構えてやる程でも無いだろ・・・と思ったオレは、
そこでVITAの存在を思い出した。


・・・・・・・・・・・・!!!!!

こ、こいつを使えば・・・・リモートプレイでベッドで寝っ転がりながら出来るのではないか・・・・?!?!


そう、出来るのだ。



感動した。

画質の劣化も殆ど見受けられず、ラグも無く、全くストレス無しに出来たのだ。

す、すげぇ・・・・!

VITAってこんなに凄かったのか・・・・!

しかも、このネプテューヌはVITAによるリモートプレイとの相性はとても合っていると思った。

VITAにはR2、L2ボタンが無いから変わりに背面タッチパネルや、正面タッチパネルを使うのだが、
グラセフやMGS5といった、R2L2ボタンを酷使するゲームだと、
とてつもなくVITAのリモートプレイではやりづらいが、
(グラセフだとR2L2で車のアクセル、ブレーキ、MGS5は武器の構えや発泡)
アクションゲームではないネプテューヌだと、問題ないのだ。

それに、寝っ転がりながらやるにしても、
アクションゲームをやろうものならアナログスティックをグリグリ動かしたり、
ボタンをバシバシ押したりと、寝っ転がりながらやるにしてはとても疲れるが、
RPG形式でコマンド入力が楽ちんなこのネプテューヌならば、どうということはないのだ。

そういうことで、オレはそれから毎晩寝るちょっと前に布団で寝っ転がりながら
ネプテューヌV2をちょこちょこと進めていった。

買って一年放置してたし、今後もやる機会は訪れないのだろうか、と思っていたので丁度良かった。


VITAの凄い所はこれだけではない。

ぬぁんと、VITAはインターネット機能も充実していて中々綺麗でデカイ画面なので、
寝っ転がりながらの動画鑑賞などに最適だった。


VITAは神ハードだったのだ。

















今までゴミのように扱って・・・・すまなかった・・・・・・・・・・。


お前は・・・・立派なプレステファミリーの一員だ・・・・!









でもやっぱりソフト何も持ってないし、VITAそのもの本来の面白さとしてはやっぱりゴm







関連記事
コメントの投稿












アドブロコロシアム