生の感情丸出しで品性を求めるなど絶望的なブログです

アセコロを売った男の真実 TRUTH:THE MAN WHO SOLD ACECOLO 



この秋





全宇宙絶望










パズドラの帝王










復活























2015年10月05日0時22分


ある男からメッセージが届いた



















そうなんです。

アセコロ副管理人こと御大将(EW版)もとい大将くんが、ここ三ヶ月ほど姿をくらませていたのは、
パズドラの課金のし過ぎで気づいたら借金まみれになってたり、
ゲイバー中毒になってたり、世界中から命を狙われているとか、そういうわけではなく、
ただ単に管理画面へログインする為のパスワードを忘れてしまっていたというなんとも
パズドラユーザーらしい理由だったのです。



みなさんもさぞ0.1ミリぐらい心配なさったことでしょう。



中には「まさか交通事故・・・」とか、
「パズドラのオフ会を開いたが主催者である自分一人しか来なかった現実に、
ショックのあまり心を閉ざしてしまった」とか、深刻な理由でもあるのかと思った方もいると
思いますが、本当の本当にパスワードを忘れてただけなのでご安心を。



「でも三ヶ月も出てこなかったのはおかしくない?」
面倒くさい鋭い方はずばりそう思っていることでしょう。

そうですよね、パスワード忘れたのなら
僕がさっさとパスワードを再度教えればいいだけですもんね。


勿論、教えました。

それでも尚、一行に更新する気配を見せなかったのは、まぁ、
彼も大学生なのでバイトや学業、パズドラなどでとても多忙だったのだと思いました。


そう、ここネオ・アセロラコロシアムは別に僕と彼二人の要塞というよりかは、
やはりアセコロ総支配人である僕の国であり、
大将くんはそんな僕の戯れ言牧場にわざわざお手伝いにきてくれてる
優しいパズドラユーザーという感じでしょうか。


一時は「は?あいつなんで二週間も更新してねぇんだ?!
オレもサルゲッチュで忙しくて更新出来てねぇのによ!耳に醤油流しこむぞクソ!」

みたいな感じで怒りを覚えたこともありましたが、これは全くの八つ当たり、アホでした。


あくまでもこのブログは僕が創設した勝手に好き放題書き連ねていく
何だか薄気味悪い場所であり、オーナーである僕がメインで更新していくのは当たり前でした。

にも関わらず、大将くんをアセコロの闇に引き込んでおいて、
記事を書いていなかったら阿鼻叫喚など、愚の骨頂。

本当、こんな所に手を貸してくれている彼には感謝しなければなりません。


なので、例え彼が二週間に一回、一ヶ月に一回、一年に一回しか更新しなかったとしても、
現実はそれで十分だったのです。










と、いう感じでこれ以上心にも思ってないことを書いていくのは限界なので、
綺麗事っぽいのはここまでにしておきます。





いや、嘘ですごめんなさい本当に大将くんありがとう。











さて、そういうわけで今日という日付になった頃、大将からあのメッセージがきたわけだが。


いやいや、実はですね、パスワード自体はもうずっと前にも一度教え直してるんですよ。


けれども、さっき書いた通り、全く更新する気配が見えなかったのは、
なんと、僕が教えたパスワードでも入れない、とのことだったのです。



そんなバナナ。



じゃあオレは何故今までこうしてアセコロの更新をしてこられたのだ?
という疑問が出てきます。

しかし、確かに思い当たることもありました。


そう、僕はアセコロの管理画面にログインするとき、
パスワードとかはいちいち手での打ち込みじゃなくて、クッキーに保存させてるので、
自動でログインできてたのです。


なので1年ぐらい前にfc2から
「今のパスワード簡単過ぎるから他の誰かに勝手にログインされる可能性あるよ」
って言われ、一度パスワード変えて以来パスワードは変えていないのだ。


でも、オレの中ではアセコロのパスワードは「アレだな」という確信があったので、
ログインに失敗し続ける大将くんに、実際にオレがそのパスワードでログインできたという
瞬間を見せる為に、一度ログアウトし、オレが直々にパスワード手動打ち込みで
ログインしてやろうと思いました。



















































嘘・・・・・・・?


バカな・・・・・。

本当にあのパスワードではログインできない・・・・だと・・・・。

てっきり大将のクソタイピングで打ち間違えてるとか、
キーボードの「a」と「s」が入れ替わっちゃったりしてるとかで
ログインできてなかっただけだと思ってたのに・・・・。



ぐ・・・ぬぬ・・・・。


このオレですらアセコロ管理画面へのアクセスを断たれるとは・・・。

こんな屈辱初めてだ・・・・。









それからオレ達の死闘は始めった。








クッキーに保存されているこのパスワードの伏せ文字。

9文字だ。


9文字のパスワードを思い出せ・・・・!!!!



しかし、この9文字というパスワード。

オレの中に存在する3つのパスワード候補の中の1つである、
「edotensei」に当てはまるのだが、どうやらこれでは無いらしい。

おかしいな・・・実際に「edotensei」でログインできていた時期は確かにあったはずなのだが・・・。

どういうことなのだ・・・。

と、不思議に思ってそのままログイン押してみたらまさかのログイン失敗。


「え?!」と思ったら、なんとパスワードに自動入力されている
伏せ文字の数が12文字に増えている。


12文字のパスワード・・・・・?


ますます分からなくなった。


一瞬、「yukiho1224」か?って思ったけどこれは10文字だった。

なんだよ12文字っておい・・・。

マジで分かんねぇぞ・・・。

一体オレどんなパスワードにしたんだよ・・・・。


大将は「「venomhueymk2」(ヴェノム・ヒューイマーク2)じゃね?」
などと意味不明な供述をしており(ry



もう、仕方ないので最終手段としてパスワードを一新することにした。


「パスワードを忘れたときは」という所をクリックしたら、
なんか秘密の質問コーナーがでてきて
「初恋の人の名前」と「郵便番号」を入力する画面が出てきた。


え・・・・・・・・・・・・・・・。

郵便番号はさておき、初恋の人の名前・・・・・・?!

頭の中で不夜城レッドが炸裂し、混乱状態へと陥る。

オレこういうのってさ、真面目に応えるときとフザケる時があるんだよね。

う、ううむ・・・。

初恋の人の名前・・・・・・??

・・・・・・現実・・・・の子のことか・・・・・?!

いや・・・・しかしあれは「恋」というものに含まれたのか分からんし・・・・。

まぁ・・・時期的にもたぶん・・・・。


じゃあ・・・・・・・。





ということで、決定したアンサーがこちら。


















本当の本当の意味で、オレの人生の初恋は、そう、涼宮ハルヒの「朝日奈みくる」なのだ。


中学二年生ぐらいだったかなぁ。


いや、本当なんだって。

トチ狂ってこんなサイト作るぐらいだからな?




と、ピュアな自分を信じて決定ボタンをクリック・・・・!!!!!!!!!






































みくるじゃないのか・・・・。



試しにフルネームでやってみたところ。

















そんな・・・・。

そうか・・・・・この質問に当時答えたオレよ・・・。

みくるは・・・・・黒歴史になったのだな・・・・。


了解した。







じゃあ、もう、あれしかないな!!!



勝利を確信した余裕のタイピング。
















勝ち確だろ。






























はぁ・・・・?!?!?


って、あぁ・・・・3文字以上じゃないとダメなのか・・・・。



じゃ、じゃあ・・・・・・













これだ・・・・絶対これだ・・・。

これでダメだったら・・・大将はもう永遠にアセコロにログインすることはできなくなる・・・。

だが、安心したまえ。

君たちパズドラノイドの意思は、器たるこのオレが引き継ごう。



















ッ!!!!!!!!!!!!!!!!

どうやらその心配は必要ないようだな・・・。


フ、フフフ・・・・・・・。




そういうわけで、パスワードを一新することに成功し、
無事大将もいつでも記事を書ける状態になりました。

大丈夫、今度はマジでガチで絶対に忘れないパスワードにした。

大将くんの個人情報にしたからね。




















なんか候補がすさまじい。

一番下のとか軽くホラーな気がするんだけどなにこれ。


















ま、そんな感じで!一件落着ゥ~~ッ!




























関連記事
大将さんのラーメンリポート待ってる
[ 2015/10/07 22:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿