生の感情丸出しで品性を求めるなど絶望的なブログです

デンジャラス・アレンビー 

こんばんは。

最近何故か蚊に刺されまくるようになって苦悩してるシモソタルです。


えーっとね。

前回の続きですね。







なんでもないただのらくがき










最初は別に2つの記事に分けるつもりは無かったんだけど、
気づいたら結構長くなってて、書くのも疲れてきたからやむを得ずそうなっちゃったんです。



で、オレとコンビニの熱い攻防戦なのだが。



まぁ結論から言うとだね。







勝ってもなく、負けてもない・・・・・・という感じだろうか。




そう、遂にこの前の土曜日に学校帰りにコンビニへ寄り、辞める宣告を実行してきたのだ!


凄いドキドキが止まらなかった。

やっぱり、バイトって言っても立派な仕事・・・従業員なわけだし、
辞めるってなるとお店側にも迷惑がかかるわけだしさ。





「裏切り」



オレの脳裏でこの言葉が主張し始めた。


黙れ黙れ黙れぇぇぇ!


そうさ・・・・。

お店側に迷惑がかかるのは、確かにオレも申し訳ないと思っている。


だが!


オレの方は!6ヶ月という期間ずっと!迷惑されてきたんだ!


いや・・・迷惑っていうわけでもないけど・・・。


大体そんな感じなんだ!




コンビニに到着してから、すぐには店に入らなかった。

コンビニの横で深呼吸し、精神統一をし、大地から、地球からパワーを授かった。



5分が経過。



まだ店に入っていない。



・・・・・・心がまだ・・・・完全には落ち着いていない・・・・!


も、もうちょっと心を静めるのだ・・・・。



さらに5分が経過。








・・・・・・・・・・・・・・明日にするか・・・・・・・・。















違う!!!!!!!!!!!!!!!!



違うだろ!!!!!!!!!!!!


今だ・・・・今言うんだよ!!!!!!!!



それまでに鎮めてきた心が一気に燃えたぎる。


男は燃えてなんぼじゃああああああああああああああああ!!!!!!!!!!


熱々の味噌汁飲みてええええええええええええええ!!!!!!!!!!






遂にオレはコンビニのドアを開け、店へ入った・・・・!


ピロロローン




オレは誰がいるのか確認しようとレジの方を見ると、
店長も誰が入ってきたのか確認しようとドアの方を見ていて、
オレと店長は目と目が合う瞬間(ry



オレだと気づいた店長は謎の満面の笑みを浮かべた。




うっ!!!!!!!!!!!!!!!


待ってくれよ・・・・・!!!

オレ・・・・・・・辞めるって言いに来たんだぞ・・・・・!!!

今から・・・・辞めるって言うんだぞ・・・・!!!!!?

なのに・・・・・・・・その笑顔は・・・・なんなんですか・・・・!!!!!!

やめて・・・・・・つらい・・・・・・やめてえええええええええええええ!!!!!!







この心の叫びの勢いをオレはそのまま口に出した。





「あの!ちょっつぉ話したいことがあるんですけど!!」


レジには丁度オーナーも店長もいた。


バイトの人だけレジに残し、店長とオーナーとオレは足並みを揃えバックルームへと向かう。





イスに座り、

● ▲





●(オーナー)
▲(店長)
■(オレ)

こんなフォーメーションになる。



店長「話って?」


オレはこの時点でゲロ吐きそうだった。


普通さ、バイト無い日コンビニ行って店長とオーナーに「話がある」なんてさ、
なんかもう・・・察されてそうっていうかさ・・・・・・。


だが、ここまで来たのだ。

オレは遂に言った。


オレ「アルバイト・・・・今月で辞めたいんですよね・・・。」

我ながら素晴らしい死にそうな声だった。


言った・・・・・・・・・言ってしまった・・・・・・・・・・・・。

と、同時に裏で
「うひょおおおおお!!!よくぞ言った!!!ナイスナイスナイスフッフーゥ!!!!」
と、オレの中で葬式とパレードが同時に開催されていた。


その瞬間、店長は時が止まったかのように「ッ・・・・・・!」って感じに静止した。

オーナーは耳が悪いので、先程の瀕死声は聞こえていなかったようで、
「ん?なに?ん?」みたいな感じで店長とオレの顔を行ったり来たり見る。






今でも大分カツカツなこのコンビニで、ほぼ純戦力となったこのオレが
辞めるというのはやはり大ダメージだったのか、血相を変えて話を進めてきた。


オーナー「辞める!?え?!いや、そんな急に言われても~よ!」


2週間バッチリ脳内シミュレーションをしてきたので、
この反応は全くの予想内・・・・予定通りだった。









そう、結果的に辞めることができなかったのも。





辞める理由・・・・決定打が無かったのだ。


「学校が忙しくて~」って言えばいいじゃん、と思ってるかもしれないが、
既にそれを見越して今のシフトがあるのだ。

つまり、今まで学校が無い日にだけのシフトが入っていたのだ。

金曜日と日曜日。


そう・・・・なんと今のオレは週二だったのだ。

いや、正確には火曜日に20時から3時間だけっていう謎のシフトもあって週三・・・週2.5なのだ。

だから、これ以上忙しくなる・・・金曜日も日曜日も・・・月火水木金土日、全部無理なんです!
っていう理由はあまりにも非現実的だったのだ。




そういうことで、結局日曜日だけの週一バイトになったのだ。






週一バイトってそれやる意味あるのかって皆の衆一瞬思うかもしれないが、
コンビニでバイトしたことがある人なら分かるであろう。

そう、コンビニは24時間営業。

常に人が回っていなければならない。。

人数が持て余す程いれば問題ないが、生憎本当にギリギリの状態。




結局、オレが週一になっても減ったその分、誰か一人が多くやらねばならないのだ。



許せ・・・・・・・。


前までは「そんな店側の都合知ったこっちゃねーぜ!あばよ!!」
とか思ってたが、違うのだ。


オレも・・・・・・・店側だったのだ。













そんな感じで、長きに渡った中々決着の付かないコンビニ激闘戦線は
週一バイトという結果に落ち着いた。














なーーーーーーーーーーーーんてなーーーー!!!!!!!!

いっひぇっひぇーーーーー!!!!!!!


火曜と金曜無くなっただけでも十分おっぽいぽーーーーーーい!!






関連記事
お疲れ様なの
大変でしたなぁ
やはり一緒に仕事してると仲間になるよね
愛着わくから辞めると言いだすのもツライよなぁ
ホントお疲れ様

[ 2015/09/16 10:58 ] [ 編集 ]
そう、もう仕事仲間?ってやつなんですよね


まぁ辞めたわけじゃないから、うん、これからも週一だけで頑張りまーす
[ 2015/09/17 00:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿