生の感情丸出しで品性を求めるなど絶望的なブログです

万里の特急茶葉で頼む! 


先日買ったクラッシュバンディクー がっちゃんこワールドをちょっとやった。

PSP版で一度プレイしていたとはいえ、それももう8年ぐらい前の話。


懐かしすぎてやばいあ。








気になったロード時間は、さすがはPS2といったところか。

なんと5秒ぐらいだった。

PSP版は確か余裕で1分とかそんなだった気がする。

いや、それはさすがに盛ったかも。

しかし、とにかくオレの脳には「PSP版はロードやばかった」ということだけが刻み込まれている。

オレは持病でアルツを抱えているが、
ゲーム関連についての記憶は1千年と2千年ぐらい前のことまで覚えていられるのだ。

だがそれ以外のことに関してはマジで終わってて、昨日の朝ごはん何食べたかすら覚えてないレベルなのだ。



あ、そもそも食べてなかったわ。


まぁそんなことはどうでもいい。








あーこの司会と実況の鳥二匹なつかしーーー!

こいつらの喋り方なんか脱力感あって好きだったなw

そもそもクラッシュバンディクーってキャラがあんまり喋らないゲームだったけど、
4、5、がっちゃんことか、PS2になってからよく喋るようになったな。

まぁそれもこれも作ってる所がノーティドッグから変わったってのがあるんだと思うけど。

今作は今までのステージクリアタイプじゃなくて、アクション要素がそこまで無いから
特に喋る頻度が多くて、クラッシュのユニークなキャラ達が喋りまくってるのを見れるのは新鮮で面白い。







amarec(20150324-054413).jpg

あーなんかコルテックスの声も久々に聞いたな。


そういやがっちゃんこワールドは声の吹き替えがコルテックス以外結構変わってたっけ。

クラッシュはたぶん海外のままで山口勝平さんじゃないはず。

まぁクラッシュはシリーズ通して「キメキメー!」とか「ヤッターイ!」って感じで、
ちゃんとした言葉を喋ったことないから殆ど違和感感じないけど。

がっちゃんこでは更に拍車がかかっててマジで意味不明。

「アビラバババブボゲラァ」とか「ヒューオーボボベヒーア」みたいな感じ。

面白いからいいけど。







amarec(20150324-054406).jpg

作品が新しく出る度にキャラが変わるエヌ・ジン。

最初は語尾に「ござる」つけたり、一人称が「拙者」という謎のニンジャキャラだったけど、
なんか喋り方が普通になった代償に肌の色が人間辞めた謎キャラ。







amarec(20150324-054339).jpg

amarec(20150325-040850).jpg


同じゲームのムービーとゲーム中で外見が変わる、ニムバスもびっくりの変わり様。


これ、元が海外版だから海外のはゲーム中もムービーと同じ外見だけど、
日本版はゲーム中の方だけ日本風にクラッシュがデフォルメ(?)されてるんだよね。

オレは日本版のクラッシュの方が好きかも。

なんか可愛くなってるよね。

まぁ、国によってデザインが違うのは今になって始まったことじゃないけど。







JE4w4.jpg


96FYJ.jpg

ロード中もちゅがう。










日本版と海外版でゲームのパッケージ違うのってなんか面白いよね。


サルゲッチュもそう。

あっちのピポサルきもいけど。





やっぱ一番好きなクラッシュは2、3のかなー。




crash_bandicoot__10_by_videogamecutouts-d5j2hug.png



crash_bandicoot__152_by_videogamecutouts-d5yfm0o.png


一番馴染みある。

アホっぽさとカッコ良さを両立してて最高。









なんか途中からがっちゃんこワールド関係なくなったけど・・・まぁいいか。








コメントの投稿