生の感情丸出しで品性を求めるなど絶望的なブログです

ゴアマガラクリニック 

うす気味の悪い謎エジプト的なダンジョンを探索していたら、大きな扉を発見。
なんかヤバそうだし開けずに引き返そうと思ったら探索仲間が勝手に開けてしまった。
扉が開き、奥になにがあるのかと思った瞬間、高速貞子が飛び出してきてオレの心臓も飛び出しかけた。
扉を開けた仲間が場所的にも開幕貞子の餌食となり、死亡。
オレは仲間の心配など一切せず咄嗟にダッシュでその場から走り去った。

ダンジョンの入り口からそこへ辿り着くまで10分ぐらい掛かったが、
それはとてもゆっくり歩いてきたのであって、ダッシュであればものの1分程度の距離だった。

速攻出口(入り口)が見えてきて、助かったと思いきや、なんと入り口が閉まっているではないか…。

「えぇっ!?」

顔面蒼白。

閉じた入り口と貞子に挟まれる形となり、絶体絶命。

オレは振り向き、貞子をデビルバットゴーストで追い抜いてダンジョンの奥の方へ走っていった。
オレのスピードと貞子のスピードは5:5だったので、良いアイデアが出てくるまでとりあえず、
時間稼ぎ的な感じでダンジョン内を走り回ることにした。

しかし、なんか足を踏み外して深い闇へと落ちてしまった。

落下中、オレの脳内へ謎の老婆が語りかけてくる。

「あらあら~どうやらお困りのようですねぇ。そうですね、確かそのダンジョンは
 心臓が鍵になっていたはずですよ。だから恐れずに、心臓を差し出せばいいんです♪
 それじゃ、頑張って下さいね、プロデューサーさん♪」

心臓差し出すって死ぬじゃねぇか何言ってんだこいつと思いつつも、
謎の逆重力で闇の底から地上へと復帰。

辺りに貞子はいず、入り口へと歩いていくと、貞子が立って待っていた。

オレは同様せず歩き続け、貞子の目の前まで行くと、スッと片膝立ちをしてそのまま硬直。

すると貞子はオレの心臓目掛けて手に持っていたナイフをぶっ刺し、心臓を抜き取った。

「は?」

やっぱ普通に殺されてるじゃねぇか。
と、思った次の瞬間にはなんかダンジョンの外に出ていた。






田井中律 

電車で爪切ってるおっさんいてびびった。




第2295回 「夏休みの苦い思い出は?」 

こんばんは、そろそろ更新しないとせっかく怒涛のバトオペ記事で稼いだ更新率が
また1.4を切ってしまうかもしれない恐怖に屈して更新しにきたシモソタノレです。



邪酢楽 


昨日ユーチューブでGVS配信してたんだけど、その時についアイマスの曲とか流してしまったせいで
今朝怒涛の警告メールが来てて吹いた。

ビビディバビDEBU 

物凄い激流の川の数メートル上にある「5人渡ったら3人は死ぬ」と言われている
伝説の呪いの橋を無事渡りきり、向こう岸で待っていた妹とデパートへ行き、
「なにしに行くの」と聞くと、「櫻井桃華のポスターが欲しい」とか言い出して
なんか知らんけどオレはトイレに行ってウンコしてたらデパートの女店員さんが
「すみませんお客様~」とか言ってオレのズボン持っていった夢を見た。




ペンウンコボブゴリラ 

最近とあるゲームについて少し興味が湧いている。


そのゲームの名は、






PUBG。







第2287回 「今までで一番高かった買い物は何ですか?」 

前回あんなこと書いてしまったが、ちょっと暑さでイライラしてたみたいだ。
でも、そのお陰で真意が見えた。

「どこの馬の骨かも分からん奴に見られた所で嬉しくもなんともねーわバーカ。」

これ。
これだわ。
この一言に全てが集約されてる。

まぁともかく、今後も自由気ままにやっていこう。

昨日寝る前思った。
自分は誰かにここを見て貰いたいが為にブログをやっているわけじゃなくて、
本当にブログ書くのが好きでやってるんだ、って。
でなければ、ここまで続けれてないはず。
常人ならこの孤独さに悶絶して辞めてるだろう。
実際にそういうブログを私は何度も見てきた。

もうこういうブログ事情のことも一々書かない方がいいかなーって思ったけど、
別に気にせず普通に書いてくわ。 オレがなに書こうが勝手だもんな。


あっはーん バーカバーカ




バサルモス萌え 

なんか。 唐突に全てがどうでもよくなった。
別にブログ繁栄とかどうでもいいわ。 っつーか、考えてみたけどよ。
このブログの前にも2、3個あるけど、
ここを作ってからもう7年も経つのに、このひとけの無さってもうあれだよな。
素質が無いというか。 今から変えたって無意味な気がする。
逆にそんな状態で7年もやってきたんだから、オレ凄い。

ということで、なんかGVSのこともめっちゃ書くとか言ってたけど、たぶんあんま書かないわ。
書いた所でどうせ誰も見ないしどこの馬の骨かも分からん奴に見られた所で嬉しくもなんともねーわバーカ。


もう、なんか・・・虚しくなった。







ベールさんチュッ